処女卒業体験談

志穂さん(仮名)のケース(学生・19歳)

2021年10月21日

※画像はイメージです

.処女卒業サポートの実績を紹介しているサイトは多数あります。何月何日にどこでサポートしたかなど書いてありますが、真実かは分かりません。現代では、やろうと思えばいくらでも話のねつ造はできるのです。

 

例えばラブホテルでの写真を撮影していても、ラブホテルにはひとりでも入れるので処女卒業サポートで利用したホテルの写真という証拠にはなりません。またサポートを受けた女性の感想を紹介していますが、その文章はパソコンやスマホで作られたものですよね。誰でも書くことができます。

 

たとえ手書きのアンケート用紙への記入であったとしても、パパ活などでお金を出し女性に書いてもらったのかもしれません。

 

他にはアプリ(LINEやカカオトーク)でのメッセージのやりとりをスクリーンショットで公開しているケースです。これはアカウントをふたつ作ればねつ造ができます。スマホを2台契約してくれば、電話番号認証もクリアできるので不可能ではありません。

 

この他にも証拠らしく動画をアップロードしていることもありますが、それが本当にサポートをしているところを撮影したモノなのかまでは証明できないでしょう。

 

また現代では動画や画像などは探せばいくらでも見つけられます。編集・加工もスマホのアプリでできてしまうぐらいです。そのため動画や画像でさえ証拠にはならないでしょう。

 

そのため数多くある処女卒業サポートサービスの証拠すべて、真実であると証明できているモノはひとつもないでしょう。したがって当然のことながら、このページに記載されている内容も本当かどうかは証明のしようがありません。

 

それでも当サイトの処女卒業サポートへ応募しようか悩んでいる女性のために記載させていただきます。あくまでも参考程度にこのような流れで会って処女卒するのだと思っていただけたら幸いです。

サポートのお問合せはコチラ

相談連絡

当サイトでは現在所定のフォームと【ご相談/お問い合わせページ】から連絡する2つの方法を用意しています。今回ご連絡をいただいた志穂さん(仮名)からは所定のフォームよりご連絡をいただきました。

 

フォームでご希望の連絡方法をご選択いただき、そちらに問い合わせ内容についての回答をお送りしています。今回はメールでのご連絡を希望だったためメールにてやり取りを重ねました。

 

志穂さんからの相談は、20歳になるまでに処女卒したいといった内容でした。ただし、周りに気になる男性がいなくて困っていました。私からはまだ19歳と若く、焦って20歳までに処女卒する必要はないと説得したのです。

 

しかし、彼女の高校時代の友達たちはすでに処女卒済みで彼氏もいる。経験人数も1人ではない子も何人かいて自分だけが取り残されてい感じがしてイヤだと彼女から訴えられました。

 

そこでこれ以上メールでやりとりをするのではなく、実際に会ってみて私と処女卒するか決めることにしたのです。

 

 

面談

※画像はイメージです

今回は駅での待ち合わせとしました。会ってみて私の雰囲気が悪くなければ、そのままホテルに行きたいと言われていたためです。もちろんホテルに行ったからといって必ず処女卒をしなければいけないわけではありません。

 

私は約束の場所に予定時間の10分前に到着しましたが、志穂さんらしき女性を見かけました。メールで当日の服装などを教えてもらい、私から声をかけるのが毎回のパターンです。ときにはなかなか見つけられないこともあります。

 

今回は志穂さんらしい人をすぐに見つけられました。私からお声がけをして志穂さん本人であることを確認させていただきました。軽く挨拶を交わしたあと志穂さんから

 

「本日はよろしくお願いします。精いっぱいがんばります!」

 

と宣言されたので意味を遠回しに再確認。どうやらホテルへ行ってもいいとの意味で間違いなかったようで、今回はカフェなどでお話はせずホテルへと向かうことにしました。

※面談してもサポートを受けない人がほとんど

今回、志穂さんは私とホテルに行くことを決めました。しかし、多くの相談者は私と話して「もう少し恋愛する努力をしてみる」と答えます。

 

また私と会った人の一部は、電話占いヴェルニを利用してみようと思うと言う人もいます。電話占いヴェルニか対面式の占い師に相談してみたいと思うようになる人もいるのです。

 

当サイトで占いの利用を勧めているのは、恋愛相談を多く受けているのが占い師だからです。過去のケースやその人の正確などから最善と思われるアドバイスを出してくれることが多いのが占いです。

 

またなぜ電話占いヴェルニを勧めているのかと言えば、誰の目にも触れず相談することができるからです。「処女で彼氏ができたこともなく、このまま恋愛ができるか心配です。」と占い師に面と向かって言えますか。なかなか勇気のいる行為だと思います。

 

さらに言えば、占い師は駅構内やデパートなど多くの人が行き交う場所に出店をしています。このようなところに行けば誰か知り合いに見られてしまうかもしれません。さらに言えば防音設備が十分に整っているところは少なく、隣に話が聞こえてしまうこともあるのです。

 

「実は処女で~」なんてデリケートな質問を他人に聞かれてしまうかもしれない環境では話したくはないですよね。電話占いヴェルニなら、自宅や自分の車、ホテルなどどんな場所からでも相談できるためプライバシーがほぼ守られます。そのため当サイトでは電話占いヴェルニをオススメしているのです。

 

もし、アナタが自分の初体験がどんな人で、どこでいつ頃出会えるのか知りたいなら電話占いヴェルニで相談してみてください。

初体験の相手がどんな人なのか知りたいアナタはこちらのバナーをタップ!

ホテルにチェックインしてから

画像引用元:https://www.chapel-hotel.co.jp/gifu/h019/

今回は待ち合わせが名鉄岐阜駅でしたので、そちらから徒歩15分ほどの場所にあるホテル ドルフィンリゾート岐阜を利用しました。露天風呂がある部屋があることで有名ですが、今回はスタンダード(standard)クラスの部屋を利用。

 

当サイトの処女卒業サポートでは宿泊をすることはありません。基本的にショートステイで2~3時間以下、長くても6時間以下の滞在です。「もっと一緒にいて欲しいです」といったお願いや、挿入までに入念な前戯が必要な場合などを除いて長時間一緒にいることはありません。

 

長時間確保するのが難しい方もいると思います。またその日の体調などによっては処女卒までできないこともあるのです。2回目や3回目のセックスで処女卒をできることもあると思います。

 

もちろん処女卒のときの相手が私である必要はありません。まったくの初めてはコワイからといった想いがあってご相談いただいても結構です。お問い合わせは下記のフォームからが便利です。お気軽にご連絡ください。

サポートのお問合せはコチラ

話が逸れてしまいました。志穂さんの処女卒体験について続きを書いていきますね。

チェックインまで・・・

ホテルに着くまでに志穂さんのこれまでの恋愛について少しお話を聞きました。小学生の頃に担任の先生に憧れていた時期があったが、それ以外では異性を好きになった経験はないと打ち明けられました。

 

これ以降気になる男性が現れたことはないし、誰かに告白されるようなこともなかったとのこと。あまり恋愛に興味がなく、好きな人を見つけようとかも考えたことがないと言っていました。

 

志穂さんのようにあまり恋愛に興味がないことは何も不自然なことではありません。彼女は19歳でしたが、もっと年齢を重ねてから自分が恋愛をしてこなかったことに気づく女性もいます。そして当サイトへ相談してくることがあるのです。

 

当サイトの処女卒業サポートは18歳から40歳までとしています。この範囲の年齢で処女にお悩みの方はぜひご相談くださいね。年齢以外の条件についてはこちらのページをご覧ください⇒処女卒業サポートに関するFAQ

 

ラブホテルまでは今回徒歩で行きました。途中でコンビニに立ち寄って飲み物などを購入。志穂さんの恋愛観についてや、学校の専攻が何なのかを教えてもらいながらホテルまでの短い道のりのお散歩を楽しみました。

ソファーで・・・

志穂さんは初めてラブホテル利用です。ホテルの入り口をくぐった瞬間から顔が強ばってしまったのが分かりました。部屋へ入っても緊張気味で、つい先ほどまで普通におしゃべりしていたのが嘘のようでした。

 

とりあえずソファーへ誘導し、彼女へテレビのリモコンを渡して好きにイジって良いよと伝えました。そのあと私はお風呂場へ行って、浴槽へお湯を溜めに行きました。

 

彼女のほうへ戻ってみるとアダルトチャンネルを観ていました。真剣なまなざしでジッと観ていたのが印象的でしたね。冗談半分で「こういうことに興味があるの?」と彼女に訊いてみると

「あります!そのために来ました!」

と明るく言われてしまったので、彼女の中では吹っ切れたような or 開き直ったような感覚になったのかもしれません。

 

このような雰囲気だったので、ソファーに腰掛けている彼女の隣に座ってみました。嫌がる様子もなかったので彼女へ確認をしながらボディタッチを開始。

 

まずは手を握るところから始めました。手汗かいてるかもと彼女は気にしていましたが、そんなことはありませんでした。握手をするように握ってから、恋人繋ぎに変えてスキンシップのレベルをあげていきます。

 

片手は繋いだままの状態で彼女の頭を撫でます。人間は本能的に頭を撫でられると落ち着くのです。また毛根の下に通っている神経を刺激し、快感にも繋げることが可能。リラックスしてもらいつつ、ボディタッチを増やして緊張感をほぐしていきます。

 

次に背中を撫でていきます。腰のあたりから上方向に撫でることで快感を得られる女性もいます。人間の血管は縦方向に多くが流れているので、縦に撫でられるほうが気持ちよく感じられるのです。そのため、このときの手の動きは、腰から上に向かっての縦方向です。

 

良い感じの雰囲気になってきたので、ベッドに移動して座り直します。そして彼女の服を脱がしていきます。脱がせていいか確認して彼女の上の服から脱がそうと試みましたが拒否。

「明るいのは、、、恥ずかしい・・・。」

と言われてしまい、私に配慮が足りなかったと反省しました。ベッドに移動して照明を暗くしてから再び服脱がせ開始。そういえば彼女は「ちゃんと無駄毛の処理ができているか心配・・・。」と言っていましたね。

 

初体験で無駄毛を気にする女性は多いです。もし気になるなら専門店で一度相談してみると良いと思います。医療脱毛に比べて美容脱毛はリーズナブルなので、初めて脱毛をお店でするなら美容脱毛店で相談してみると良いでしょう。

 

例えば【リラクス】なら初回カウンセリングが無料です。無駄毛処理に自信がないならプロに相談してみるといいですよ。

女性専門脱毛サロン【リラクス】の公式HPはコチラをタップ!

 

続きです。彼女の服を脱がし下着だけに状態になってもらい、全身の愛撫をしていきます。頭を撫でて背中ときているので、胸を揉んでといくのが王道だと想いますが、あえて肩や腰をマッサージしてコミュニケーションを図っていくのが私のスタイルです。

 

しかし、志穂さんは10代ということもあって肩や腰が凝っていることはありませんでした。マッサージをしてもあまり喜んでもらえそうになかったので、ブラジャーを外して胸の愛撫を開始。

 

彼女は処女なので誰かに胸を揉まれる経験は初めてです。優しく包み込むように揉みます。いきなり乳首を刺激しないのがポイントです。志穂さんの気分が盛り上がって、呼吸が荒くなってきたところで一時中断。

 

続きをする前にお風呂へ一緒に入ることにしました。

お風呂場で・・・

これは私の経験則ですが、入浴中にスキンシップをとることでベッドでリラックスしやすくなる傾向にあります。断られなければ、女性のカラダを私が洗うようにしているのはこれが理由です。

 

彼女のカラダを洗い終えたら湯船で先に待っててもらいます。私もカラダを洗い終えたら一緒に湯船へイン。基本的にラブホのお風呂は広いので一緒に入ることができますね。

 

湯船の中でも軽く彼女のカラダを触ってみます。手を繋いでみたり、胸を揉んでみたりとボディタッチのレベルをあげていきます。お風呂場は明るいのでお互いがハッキリと見えるため、恥ずかしさは増すでしょう。だんだんとカラダを丸めていってしまい、これ以上お風呂場でのお触りは難しくなってしまいました。

 

このままだと長風呂になってしまいそうだったので、私から声をかけてお風呂を出ることにしました。

ベッドで・・・

お風呂からでバスローブを着て、歯磨きを済ませます。その後ベッドに移動です。

 

ふたりでベッドに腰掛け、少しおしゃべり。今回はセックスはするけど、キスはしないで欲しいと言われていたのでしません。このようにNGなことを指定していただいて構いません。相談の段階で事前に伝えてもらったり、当日会ったときに伝えてもらったりして問題ないです。

 

もちろんホテルに入ってから「やっぱり怖くなったのでやめてください」というのもOKです。会ったからといって無理にホテルに必ず行く必要はありません。また無理して最後までする必要もないので、ご安心ください。

 

今回は志穂さんからの希望でキスはなしとのことなので、いきなりですがバスローブの上から胸の愛撫を開始しました。正面からではなく、女性の背中側から抱きしめるような体勢で彼女の胸を揉みます。

 

背中側から揉む理由は、恥ずかしさが軽減されるというのがひとつ。もうひとつは後ろから揉まれることでエッチな妄想が膨らみやすいというメリットがあるのです。

 

志穂さんの口から可愛らしい喘ぎ声が聞こえ始めたら、ベッドに寝かせてバスローブを脱がし正面から胸への愛撫を継続します。胸の外側から内側へと少しずつ乳首に近づくように焦らしつつ揉んでいきます。

 

揉むだけでなくフェザータッチも混ぜて、胸へ刺激を与え続けるのです。フェザータッチは慣れていないとくすぐったいだけで気持ちよいと感じられる人は少ないです。反応を見ながら刺激の仕方を変えて、快楽に繋げるようにしています。

 

志穂さんの喘ぎ声が大きくなってきたので下半身への愛撫を開始。陰部が濡れやすいかどうかは個人差が大きいです。彼女は濡れやすいタイプのようで陰部は十分に湿っていました。

 

彼女にオナニーは普段するのか聞いてみたら「週に2~3回する」との答えが返ってきました。クリトリスを触ってみると体をビクンと震わせて、感じていることが分かりました。

 

陰部もじんわりと湿っていましたが、コチラの記事でも紹介している「ラブスライド」を使ってみることにしました。これを彼女の陰部へ塗って、さらにほぐしていきます。

 

参考:【処女の疑問へ回答】初めては痛い?怖いと思うから痛くなるってホント?

 

ラブスライドを塗ったおかげか、彼女の愛液かは分かりませんがしっかりと濡れてきたので中指を膣内へ挿入。締まり具合を確かめつつ膣内をほぐして入り口も広げるように指を動かします。

 

初めての人は指が入ることもあれば、入らないほどにキツく狭い人もいます。これは個人差なので気にする必要はないでしょう。セルフプレジャー(オナニー)の習慣がある人のほうが指は入りやすい傾向です。

 

参考:処女のアナタへ!オナニーの勧め~正しいオナニーの方法を紹介~

 

陰茎を入れる前に指を入れて痛みがないかを確認。痛くない様子なので、膣内にある性感帯を刺激していきます。いきなり奥にあるポルチオを刺激せず、手前にあるGスポットを押すように指で触ります。

 

痛くないか訊いてみると痛さはないと言っていたので、このまま陰茎を挿入してみようかと提案。しかし、驚くことに彼女はフェラチオ(フェラ)をしてみたいと言ってきました。

 

フェラのやり方については別記事で詳しく紹介します。ぎこちなくも私のアドバイスを聞きながら熱心に志穂さんはフェラをしてくれました。熱心なフェラのおかげで私の陰茎はしっかりと勃起。いよいよ挿入です。

 

コンドームを装着し、志穂さんの陰部に挿入します。彼女には仰向けになってもらい、陰茎の先端部である亀頭部分をクリトリスにこすりつけ焦らします。

 

陰茎を入れる際に少しでもスムーズになるようさらに大きく彼女には開脚してもらいます。股を広げないと膣口も広がらず、挿入の際に大きな力が必要となってしまうからです。股を広げていない状態で無理矢理に陰茎を入れると、痛みが酷くなってしまいます。そのため痛みを減らすために恥ずかしいとは思いますが、大きく股を開いてもらいます。

 

大きく股を開いてもらい、準備ができた彼女にゆっくりと少しずつ挿入。「イタッ!」と叫び声をあげたので、陰茎の先端部を入れた状態のままこのまま続けるか確認しました。大丈夫だから続けてと言われたので、そのまま継続。陰茎を奥まで挿入し終えるとうめき声のような吐息が彼女の口からは漏れました。

 

奥まで挿入してもいきなり動かないのがセックスのポイントです。膣は伸縮性があります。膣は入れたペニスの形に馴染む性質があるのです。馴染んでいない状態で激しく動くと、痛みが生じる可能性が高くなります。そのため挿入してもいきなり動かないように私はしているのです。

 

彼女が挿入された状態に慣れてきたと感じたのでゆっくりと陰茎を動かしていきました。挿入時には痛みを感じたようでしたが、挿入後に痛いと言うことはありませんでした。

 

正常位に慣れてきたところで、彼女から騎乗位もしてみたいとの要望を受けました。当然、初めての騎乗位なのでうまく陰茎を挿入できませんでした。手こずりながらも、なんとか挿入したのですが正常位よりも奥に当たったみたいで彼女はビックリしてました。

 

あとから聞いた話では「痛くはなかったけど、奥にゴツと当たって驚いた」と言ってましたね。

 

騎乗位では上下に動こうとする子が多いのですが、まずは前後に動いてみるようにアドバイスをしています。上下に動いてもらったほうが男性としては気持ちよいのですが、女性は前後に動いたほうが気持ちいいのです。なぜなら前後に動いた方がクリトリスを刺激しやすいからです。

 

騎乗位は慣れていないと女性はすぐに疲れます。女性はどう動いたらよいかも分かりませんし、動き慣れていないので疲れやすいのです。少しだけ騎乗位をしたあとは再び正常位をして、射精させていただきました。

 

射精後にキスをしてから感想を聞いてみました。彼女の感想は下記の通りです。

思っていたほど痛くなかったです。始まったら楽しめました。恥ずかしかったですけど・・・///

ちゃんと出して(射精して)欲しいと思っていたので、出せてもらえてよかったです!できたらまたお会いして欲しいと思っています。

※個人の感想なので、必ずしもサポートを受けた全員が同じように思うとは限りません。

 

【まとめ】志穂さんの処女卒業体験

当サイトを経由して知り合い、処女卒をしたのはこの志穂さんが二人目です。問い合わせは何件か来るのですが、途中で連絡が途切れてしまったり、会うのはやめて他の方法を選択したりとさまざまです。

 

好奇心から応募してくる志穂さんのような方もいらっしゃいます。処女に悩んでずっとモヤモヤしているなら、このような形で処女卒してしまうのも良いかもしれませんね。

 

今回志穂さんとはこのような感じで処女を卒業しました。少しでも雰囲気が伝わったでしょうか。もし、もう少し詳しい話を聞いてみたかったり、実際に処女卒業を私としてみたいと思ったりしたらぜひ下記の問い合わせフォームよりご連絡ください!

サポートのお問合せはコチラ

P.S.

お会いした翌日に志穂さんからは「下半身が筋肉痛です笑!」と連絡をいただきました。慣れない筋肉を使ったので疲れたのでしょう。

この記事内で紹介したサービス・アイテム

○電話占いヴェルニ

初体験の相手がどんな人なのか知りたいアナタはこちらのバナーをタップ!

 

○リラクス


女性専門脱毛サロン【リラクス】の公式HPはコチラをタップ!

 

魅惑のモイスチャージェル『ラブスライド』

うるおいにプラスして滑りも💓『ラブスライド』について詳しくはコチラの画像をタップ!

-処女卒業体験談

Copyright© Lost virgin support , 2021 All Rights Reserved.